English Česky 日本語 Russian

新製品発売「NS LAB」 工業用ナノファイバー製造装置のラボ仕様製品

29.01.2014


エルマルコは 2004年のナノファイバー製造装置事業参入以来、NanoSpinder TM (ナノ・スパイダー、略してNS)という商品名で世界的にベストセラーとなった商品群を市場投入してきました。2010年に大型の工業用量産ラインのコア技術として市場投入された第2世代の固定型ワイヤ電極による電界紡糸技術とこれを組み込んだ量産ラインは、数々のお客様によってその後商業化されたいろいろなナノファイバー応用商品の生産工程の中で世界各地で広く利用されていますが、今回この大型機と同じ技術を採用し、さらに長年のお客様からのご意見やご要望を取り入れて装置を小型化し低価格を実現した NS LAB (エヌ・エス・ラボ)を開発しました。
 
この商品はナノファイバーの材料研究、応用研究や実験に適し、大学などの各研究機関、企業の基礎研究部門などでも使いやすい装置として、低価格帯の商品レンジを強化する商品となっています。

エルマルコは2004年に最初の商品で第1世代となった「回転型シリンダー電極」を組み込んだ商品を市場投入し、これまで電界紡糸技術で長年にわたり伝統的に使われてきたノズルやニードルを一切使わない独自の画期的な技術で世界的な注目を集めて参りましたが、2010年 1.6 m 幅の大型の工業用量産ライン(NS 8S1600U) で、第2世代となる「固定ワイヤ電極」を採用して以来、世代交代を進めて参りました。
 
2012年には少量生産ラインの NS 1WS500U を市場投入し、特に民間の企業における研究開発用途、及び商品サンプル作成のためのベストセラー機種の地位を短期間に獲得しましたが、今回さらに小型で低価格の NS LABを開発したことにより、商品群のすべてが第2世代の「固定ワイヤ電極」方式に統一されることになりました。
 
この「固定ワイヤ電極」による電界紡糸法の技術的な特徴としては
1) 高生産性
2) 優れた均一性
3) 多種のポリマーに対応できるフレキシビリティ
4) 生産条件設定下での安定した品質
が上げられます。

 

ナノファイバーの研究開発は、幅広い応用分野への利用が可能であることから非常に多様化してきており、ナノファイバー膜の生成パラメーター、繊維を紡糸する条件、複合(コンポジット)構造とした場合の性能追究や新材料の研究など、基本的な材料科学分野での研究、実験の領域が幅広く、NS LAB はこれらの研究開発に対応できる装置として設計されました。

この装置は厚くても均一なナノファイバー層の作成のために、基材の送り速度を広範囲な領域で正確にコントロールする技術が採用されています。これにより各種メンブレン(膜)、エアーフィルター、液体フィルター、医療などのライフサイエンスを含めた非常に幅の広い応用分野での研究開発に最適な装置となっています。

ナノファイバー膜は複合(コンポジット)構造を持つ材料の一部として使われることが多く、高性能な各種メンブレン(膜)を開発するツールとして、大学や各種研究機関でも簡単に取り扱えるようになりました。
 
このローエンドの新商品の新規投入により、エルマルコはこれまでの商業用生産向けの量産ラインでの世界的な業界リーダーとして市場を牽引して参りましたが、近年日本ではナノファイバーを利用した研究開発が非常に盛んで応用分野のすそ野も幅広いことから、大学や研究機関での研究開発向け装置分野でも当社の技術を活用して頂けることを期待しています。

 

装置仕様

機種名 NS LAB (エヌ・エス・ラボ)
 
・  電界紡糸電極:  ノズル・ニードルを使用しない固定ワイヤ型電極
・  有効ナノファイバー層幅:  250 – 350 mm
・  バッチ毎ランタイム: 30 – 80 分
・  バッチ毎溶液容量: 40 ml
・  基材送り速度: 0 – 5,000 mm/分
・  スピニング電圧: 0 – 80 KV

製品ページはこちら

 

 

エルマルコについて 
エルマルコは工業規模のナノファイバー製造装置を業界で初めて実用化したリーディング・カンパニーです。さまざまなナノファイバーのアプリケーションを研究する各国の企業や大学とのグローバルな連携を通じ、現在の成功を築き上げました。
 
エルマルコ独自の特許技術「ナノスパイダーTM 」によって簡便な操作性、拡張性、モジュール性、柔軟性が実現され、高品質なナノファイバーの製造が可能です。
 
本社はチェコ共和国リベレツにあり、2008年には 3000 m2 の研究開発センターが設立されました。チェコ本社はヨーロッパ地域、東京オフィスはアジア地域、ノースカロライナ・オフィスは南北アメリカ地域をそれぞれサポートしています。
 
さらに詳しい情報はこちら:www.elmarco.com