English Česky 日本語 Russian

INDEX 2011(ジュネーブ)にてナノファイバーの作製を実演

12.04.2011


不織布に関する国際展示会、INDEX 2011が本日4/12よりスイス、ジュネーブにて開催される。
エルマルコは独自のノズルを用いないエレクトロスピンニング装置(NS4S1000U)を展示、また実際に運転を行いナノファイバーの作製も実演する予定。


INDEXは3年に一度開催される不織布業界では最も重要かつ大規模な展示会であるため、
世界各地から著名な企業、研究者が多数参加する。
エルマルコのCEO、ピーター・ホーランは「ナノファイバー量産装置のパイオニアである当社が、この重要な展示会に参加しないわけにはいかない」と出展の意気込みを述べた。

展示・実演機種のNS4S1000Uはエルマルコの商品ラインナップの中でも代表的な製品であり、有機ナノファイバーの作製において、層の均一性など優れたパフォーマンスを発揮する。ナノファイバーはパラメータを顧客の様々なニーズに合わせて調整することが可能なため、「ナノスパイダー」注1製造ラインを用いれば、既存の不織布に様々な特性を付加することができる。
注1)製品の頭文字NSとは商標名「ナノスパイダー」を表す。

「ナノスパイダー技術とは、ノズルを用いずにエレクトロスピニングを行う非常にユニークなテクノロジー。実際に今回の展示会でナノファイバー作製のデモンストレーションを行うことは、ナノファイバーの有効性を不織布業界にアピールする最高の機会である。」


と述べるのはエルマルコのR&D部門のディレクター、ピーター・ポップ。

INDEX 2011は500社以上の不織布関連企業が出展予定。また来場者は12000人を見込んでいる。また、これはエルマルコ創業以来のビッグイベントとなる。

Index1

 

Index2