English Česky 日本語 Russian
[ナノファイバー・アプリケーション] ドラッグデリバリー

ドラッグデリバリー

私たちは、特に難溶性薬物のための医薬品バイオアベイラビリティーの改善に向け、新規な方法を提案します。
電界紡糸法により作製したナノファイバーを用いる方法は、医薬品有効成分(API)を生分解性ポリマーからなるナノファイバーに取り込むことで、ドラッグデリバリーシステムが自然に速く医薬品を放出することができます。
臨床検査により、この原理は各種の投薬の種類と各種のドラッグデリバリータイプ(例:経口、直腸、膣、経皮)など広範域で適用できることができると証明されました。

 

ドラッグデリバリーシステムへの効果

  • 薬剤放出制御プロファイル
  • BCS IIやBCS IVなどの難溶性薬物の剤形
  • 高い生物学的利用能を伴ったドラッグデリバリーシステム

 

医薬品メーカーにとってのメリット

  • 既存製剤方法の革新
  • 新剤形による知的財産保護の延長
  • ドラッグデリバリーシステムにおける必要API減容
  • 体へ毒性の影響を軽減


ナノファイバーの製造に使用されるNanospiderTM技術は、研究用途から工業レベルの生産まで容易にスケールアップできるよう設計されています。また、バルク医薬品製造にも適したテクノロジーです。