English Česky 日本語 Russian
[ナノファイバー・アプリケーション] 空気濾過

空気濾過

単純に従来のフィルター膜にナノスパイダー TMを用いて作製したナノファイバーを一層加えることによって、フィルター性能は高めることができます。

ナノスパイダーTMは恐らく、サブミクロンオーダーの繊維を製造することができる製品の中で、紡糸した繊維径分布を小さくとどめることができる唯一の商品化されている装置です。ナノスパイダーTMを用いたエレクトロスピニングではナノファイバー特有の構造が持つ特性を生かすことでフィルタ性能を向上させることができます。

ナノファイバーフィルター媒体は商品化されているフィルタ膜と性能を競い合うだけでなく、それ以上の機能を持たせることも可能です。

ナノファイバーを使用することで得られる価値は:

より低コストの基材 + 薄いナノファイバー皮膜 = 原材料費を抑えながら高いフィルター性能



技術説明

ナノスパイダーTM を用いて電界紡糸したナノファイバー膜の

の効果は、機能の組み合わせによって得られるものであるため、他の多くのフィルタ媒体との違いを生み出します。

ナノスパイダー™では継続して多孔質で極めて軽量の単層のファイバー膜を紡糸することができます。

以下のデータは、ナノスパイダーTMによって生産されたナノファイバーの特性についてのまとめです。ナノファイバーによりフィルターの性能が向上します。

                          サブミクロン繊維直径
                        平均繊維直径 調整可能範囲 0.075 µmから0.250 µm (0.025µmの増分)
                          より大きな繊維径の紡糸可能
                          表面積が大きく、気孔率が高い
                          多孔質 – 60-90% (低固体)
                          孔サイズ: 0.1 µm-3 µm
                          比較的狭い細孔径分布
                          表面積 10-100 m2/g
                          フィルター効率および風量最適化
                          幅広い基材との設計が可能
                          高いフィルター効率を備えながら圧損の少ない複合媒質
                          幅広い材料から選択可
                          高分子材料とそのブレンドにより広範から材料の選択可
                          添加物により繊維に付加価値を与えられる


ナノファイバー効果

サブミクロン繊維は、フィルタやフィルタ膜のフィルター効率を向上させます。材料から基材の選定など広範囲の設計なので、メディアの専門家が圧損、フィルター効率およびフィルタ寿命の相互作用を確認しながら必要な条件のための最適化ができます。
こちらをクリックし、エルマルコナノスパイダーTMで電界紡糸したナノファイバーをコーティングしたフィルター膜の代表的な分別濾過効率曲線をご覧ください。