English Česky 日本語 Russian
[ナノファイバー・アプリケーション] 吸音材

吸音材

吸音材として大きな利点をもたらすことのできるナノファイバーは、長らく吸音材への応用が提案されています。

最近のナノファイバー製造装置の進歩は、生産コストを削減し、高性能のナノファイバーおよびナノファイバー膜により既存の吸音材に容易に複合させることを可能にしました。



技術説明

音は、空気粘性、材料における非可逆性変形、ならびに繊維と空気の間の熱伝導によって減衰します。
また、吸音効果は、繊維の細かさ、繊維構造、気孔率密度のような構造的特徴に対応しています。
ほとんどの音響エネルギーは空気の振動と孔の表面の間で消費されます。この気孔の表面では速度勾配が低下し、振動粒子の運動エネルギーは熱エネルギーへ変換されます。
音は反射されずに透過するような材料、または熱エネルギーに変化する材料に吸収されます。

吸音は、音吸収係数(α- その表面上に入射する所定の表面によって吸収音響エネルギー無次元- として測定されます。
吸音率は材料に吸収される音エネルギーと吸音材に入社した音エネルギーの比です。それ故に理論上の1が最大値となります。
音のエネルギーの一部は吸収され、残りは周囲環境に反射されます。
吸音率が増加すると、音響絶縁材の効果も改善されます。





ナノファイバー効果

ナノファイバーは吸音率を高め防音材料を向上し、材料の厚さを薄くし、重量軽減をもたらすことで、競争優位性を提供することができます。
以下のチャートにナノファイバー被覆されたスクリムと従来の吸音材料の音響性能を比較し、ナノファイバーが劇的な改善をもたらすことを示しました。



Acoustics